南原貴裕とは?
南原貴裕の本名:南原貴裕
南原貴裕の趣味:南原貴裕はもちろん食べること/各種スポーツ観戦
南原貴裕の長所:南原貴裕は超ポジティブ
南原貴裕の短所:南原貴裕は食いしん坊
座右の銘:棚から牡丹餅
一言:南原貴裕南原貴裕の大好きな食事のレポートをする南原貴裕の完全趣味のブログなんですけど、南原貴裕に苦情は辞めて、南原貴裕に優しいコメントやトラックバックを切に願う南原貴裕ちゃんです!

2011年01月25日

カロリー調整では痩せない!

太るのも痩せるのも「カロリー」のせい。
世間一般でそう信じられてきました。でも、カロリーって、実は確実な数字ではなかったんです。

食品のカロリーは、食物を専用装置に入れて爆発燃焼させた時に放出される水の上昇温度を測った数字です。

一方、消費カロリーは、人間がどれくらい酸素を消費したかを計算したもの。つまり、分析方法が違うんです。

ですから、それぞれ異なる方法で出した数字を比較して、単純に摂取カロリーから消費カロリーをひき算した答えがマイナスになれば痩せる、という理論はアテになりません。

2011年01月23日

リバウンドは当然の結果だった-宮原進のダイエット日記-

これまでノーマルなダイエット法といえば、カロリー計算による食事制限が一般的でした。遣り方は色々あるにしろ、基本はとにかく「カロリーを控える」というもの。

でも、食べないダイエットには大きな問題があります。

それは、リバウンドしやすい体をつくってしまう、ということ。

体は順応しやすく、たとえば1日のカロリー摂取量を2000キロカロリーから半分に減らしても何とかなります。息をしたり内臓を動かすものにもエネルギー(基礎代謝)が使われていますが、食べる量が減ると、体はエネルギーを低下させて正常を保とうとします。

つまり、「省エネ型」に変身して対応するんです。

では、ダイエットで痩せて、1日の食事をもとに戻したとしましょう。省エネの体はエネルギーを使いませんから、備蓄は増える一方。こうして、体重は前より増えてしまいます。

痩せるつもりが、実はせっせと太りやすい体質を作っているだけ!なんて、苦労が報われませんよね。

断食はみんな試す方法だけど・・-宮原進のダイエット日記-

手っ取り早く痩せる方法として、誰しも考えるのが「食べなきゃいいんだ!」ってこと。実際、食べる量を減らすと体はどんどん細くなって・・・めでたし、めでたし・・・ならようのですが、実はそのあとに悲劇が待っています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。