南原貴裕とは?
南原貴裕の本名:南原貴裕
南原貴裕の趣味:南原貴裕はもちろん食べること/各種スポーツ観戦
南原貴裕の長所:南原貴裕は超ポジティブ
南原貴裕の短所:南原貴裕は食いしん坊
座右の銘:棚から牡丹餅
一言:南原貴裕南原貴裕の大好きな食事のレポートをする南原貴裕の完全趣味のブログなんですけど、南原貴裕に苦情は辞めて、南原貴裕に優しいコメントやトラックバックを切に願う南原貴裕ちゃんです!

2011年02月03日

血糖値にこだわるダイエット-宮原進のダイエット日記-

そこで、血糖値の上昇を抑えて、インシュリンの分泌量を減らそう、というのが低インシュリンダイエットです。

血糖値が抑えられれば、あとは普段通りで全然大丈夫。

カロリーの分配も無用。食べながら、ムリなく健康的に痩せられるなんて、夢みたいな話でしょ〜低インシュリンダイエットは、楽に出来る常識を超えたダイエットなんですよ。

宮原進も実践済みです。進め〜理想の体〜宮原式ダイエットは低インシュリンダイエットなんでーす。

2011年02月01日

肥満の原因はインシュリン-宮原進のダイエット日記-

肥満の立役者。それは“インシュリン”というホルモンです。

食事や飲み物で炭水化物や糖類をとると、血液中の糖分が増えて血糖値が上がります。

インシュリンは、血糖値が上がって血液中に「エネルギーが多い!」というサインが出ると分泌されるホルモン。

その動きは、まず体内に必要な血糖を筋肉や肝臓に蓄えたあと、その余った分を中性脂肪に変えてため込みます。

同時に、蓄えた脂肪が血中に出ないよう、脂肪の分解をストップさせます。つまり、インシュリンの分泌量が多くなればなるほど体内の脂肪が増える、ということ。

インシュリンが、肥満という悲劇を起こしていた訳です。

2011年01月29日

一蘭

2011012905260000.jpg今日は朝まで同僚と呑みました。六本木で呑んでたので、帰りの締めのラーメンは久しぶりに一蘭に行った。相変わらず旨かった。ラーメンランキングトップ10に入る旨さだ。自分で麺やスープや辛さを選べてると言う自分仕立てがウリの一蘭ですが、因みに宮原進は麺だけかた麺で後は全て標準で注文します。
posted by 南原貴裕 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮原進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

金運がアップする方法その2

宮原進海外

こんにちは宮原進です。

前回、身を粉にして嫌な仕事をしてるのに一向にお金が貯まらない人と、
好きな事だけして、毎日楽しくてしょうがない生活を送りながらドンドン
お金が貯まってる人がいるという話をしました。

その、好きな事だけしてお金が貯まってる人達は、
自分の思い描いた楽しい人生を早くから実現し、キラキラ輝く
生活を送り、なおかつ他者にもそれを叶えさせてあげるパワーがあります。

サービス残業で深夜まで働いたのに翌朝の仕事はいつも通りの9時から。
満員電車に1時間揺られ、会社に行ってその日も深夜まで残業。

家のローンは30年。
支払いにビクビクして、辞めたい会社も辞められず…。

そんな思いを彼らはしません。

そんな心配をする事もなく、買いたいものを買い、食べたいものを食べ
着たいものを着て、行きたい所に行き、住みたい所に住んでいます。

自分だけが潤うのでなく心に余裕があるので周りの人にも
愛を与える事ができます。
ひがんだり、コンプレックスを抱えたりしていないので
他者と揉める事もありません。

自分が豊かだからこそ、他者を豊かにする余力が出てきます。

その豊かさの循環を多くの人に広げる事ができます。
posted by 南原貴裕 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 金運がアップする方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「脂肪」の犯人説は拭いきれない!

宮原進です。前回は脂肪と炭水化物どちらがクセ者か?って話を書きました。

一方、脂質を摂取した場合、血糖値に急激な変化は見られません。

脂肪だけ、悪者呼ばわりしたこれまでの定説は、完全なまちがい。

体内で糖類に分解される炭水化物は、貴重なエネルギー源として欠かせないもの。

でも痩せるには、その摂取方法が重要なカギとなるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。